今注目されている人気のにんにく卵黄サプリを取り寄せて比較・評価したランキングサイトです

にんにく卵黄

にんにく卵黄の選び方

にんにく卵黄とは?

最近よく聞かれるようになった「にんにく卵黄」。 このにんにく卵黄は、文字どおり「卵黄」と「にんにく」を合体したもので、 錠剤やカプセル剤などサプリメント製品として販売されています。

にんにく卵黄を摂取することで良い点は、「にんにく」と「卵黄」それぞれの良い部分を一度に手軽に摂取できることです。 なかなかそのままでは取りづらいにんにくですが、その栄養と効能については、体力が増強し疲労回復も早いことで有名ですよね。

その他にも、効果効能は、総コレステロール値およびLDLコレステロール値を下げる効果,高血圧の改善効果,動脈硬化の予防,血液サラサラ効果,抗ガンの作用,免疫力を高める作用,殺菌,抗菌など、多義にわたります。 卵は必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のたんぱく質を持っています。 その中でも卵黄の部分には、カルシウム、鉄、ビタミンA・Dなどのミネラルが、豊富に含まれています。

さらに卵黄に含まれる「レシチン」は、人間の細胞の細胞膜の主成分であり、特に脳や肝臓の細胞膜に大量に含まれています。
そのため「レシチン」の摂取は、細胞を若々しく保つのに、貢献すると言われています。
(なお、卵によるコレステロールの摂取については、卵黄のコレステロールが卵白に比べ多いものの、卵黄中の「レシチン」にコレステロールを低下させる働きがあることがわかっており、一日1、2個程度の卵の摂取は問題ない、とされています。)

また卵黄とにんにくの合体により、卵黄に含まれる「中性脂肪」がにんにくの「アリシン」と結合し、ビタミンEと同等の効能を有する「脂質アリシン」に変化します。 この「脂質アリシン」が、同じく卵黄に含まれる「レシチン」の働きをいっそう活性化させ、悪玉コレステロールの分解を促すと言われています。

 
にんにく卵黄商品力ランキング
1位
にんにく玉本舗
にんにく玉ゴールド
2位
3位
4位 やずや
雪待にんにく卵黄
5位 やわた
熟成にんにく卵黄
6位 サンプロジェクト
伝承にんにく卵黄
7位 サントリー
黒酢にんにく
8位 DHC
ニンニク+卵黄 30日分
にんにく卵黄企業満足度力ランキング
1位
2位
3位
サンプロジェクト
伝承にんにく卵黄
4位 健康家族
伝統にんにく卵黄
5位 やわた
熟成にんにく卵黄
6位 にんにく玉本舗
にんにく玉ゴールド
7位 サントリー
黒酢にんにく
8位 DHC
ニンニク+卵黄 30日分
にんにく卵黄サプリの上手な選び方
にんにく卵黄サプリは現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「におい」の3つに分かれます。
【1】価格
価格は商品1個の価格を基本見がちですが、サプリメントですので最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいくサプリメントを選ぶとよいですよ。
【2】続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、サプリメント1粒1粒の大きさや1日に何粒摂取すればよいかが大きなポイントになってきます。多すぎると飲みたくなくなる、かといって少なすぎるとちゃんと摂取できてるのか不安になってしまう。自分に合った粒の大きさなども見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
【3】におい
3つ目は、においです。カプセルタイプなら飲むときのニオイはほとんど気にならないようです。また飲んだ後のニオイについては個人差があり、商品によっても異なります。自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。
にんにく卵黄の豆知識 にんにくの特徴
にんにく特有のにおいの元となる「アリシン」などのイオウ成分は、自身の成分をそのまま生かしながら、なおかつほかのいろいろな栄養成分と容易に結合しやすい性質を持っています。にんにくはタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの重要な栄養素と結合し、それぞれの栄養素のはたらきをより高めてくれるのです。
卵黄の特徴
卵は完全食品と言われるとおり、タンパク質やカルシウム、鉄分など、ビタミンCを除くほぼ全ての栄養素が含まれています。卵黄だけを利用するのは、貴重な成分を低温でじっくりと焙煎できるという理由からなのです。

contact
infohikaku@excite.co.jp
PROFILE
トップページにんにく卵黄とは?なぜにんにくと卵黄?にんにくの効果にんにくのはなしたまごのはなしにんにく卵黄で美容対策
サイトマップ