今注目されている人気のにんにく卵黄サプリを取り寄せて比較・評価したランキングサイトです

にんにくと卵黄の相性

にんにく卵黄の選び方

なぜにんにくと卵黄なの?

ふるさとに伝承されていたにんにく卵黄。 栄養成分に優れ、食べて美味しく、長期にわたって食べられる保存食として、とても理に通った加工食品です。 では、どうしてにんにくと卵黄なのでしょうか?

それはひとえに、にんにくと卵黄それぞれが持つ「性質」を利用したことに他なりません。 にんにく特有のにおいの元となる「アリシン」などのイオウ成分は、自身の成分をそのまま生かしながら、なおかつ他のいろいろな栄養成分と用意に結合しやすい性質を持っています。

さらに、単に結合するだけでなく、結合した相手の栄養素の働きを更に高める性質があるのです。 たとえば、にんにくの成分アリシンがビタミンB1という無機栄養素と結合すると、アリチアミンといわれる活性持続型ビタミンに変化します。 通常のビタミンB1よりも数段活性が持続するように、よりパワーアップされた成分に変化するわけです。

また、たとえばにんにくのアリシンが脂質と結合すると、脂質アリシンという成分が生まれます。 脂質アリシンは、いわば体のサビを防止し、いつまでも若々しさを保つための、強い抗酸化作用を持ったビタミンEと同様の働きをすることが知られています。 このように、にんにくはタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどの重要な栄養素と結合し、それぞれの栄養素の働きをより高めてくれるのです。 それが、にんにくが体に元気をつける野菜の王者として太古から世界中で「特別なもの」として食されてきた一つの理由でもあります。 それがにんにくの特徴の一つである「結合力」です。

そして、もう一つの素材である卵。 卵は、完全食品と言われるとおり、タンパク質やカルシウム、鉄分など、ビタミンCを除くほぼ全ての栄養素が含まれています。 卵の殻の中身である卵黄と卵白は、液体状でありながら他の液体にはない、熱を加えると固まるという独特の性質を持っています。

しかし卵黄と卵白には凝固する温度に差があり、卵黄は低音で固まるのに対して、卵白は80度程度の高温ではじめて固まります。 卵黄だけを利用するのは、貴重な栄養成分を低温でじっくりと焙煎できるという理由からなのです。

にんにくと同じイオウ成分と熱、そして卵が凝固する温度を利用したおいしい食べ物に、温泉卵があります。 温泉卵の効能は定かではありませんが、ただの温湯でなく、わざわざ温泉に卵をつけておくことは、きっと効能的意味合いもあるのでしょうね。

体を元気にするにんにくの優れた成分が、卵黄の完全食品成分と結合し、さらにそれを加熱によって凝固することにより、長期間にわたってその働きを保持することが可能になるのです。

昔の人が、貴重な食物の性質を上手に利用して考え出した、にんにく卵黄という知恵。 体に活力をくれる滋養食としても、いつでも取り出して食べられる便利な保存食としても、とても理にかなっているではありませんか。 またにんにく特有の臭いの面でも、にんにくの臭い成分が卵黄のタンパク質と結合すると、臭いが抑えられる働きがある上に、栄養的にもより消化吸収されやすい有用な成分に変化します。

にんにく卵黄はそれぞれの素材「にんにく」と「卵黄」の性質を巧みに組み合わせ、しかも健康に役立つように考え出された、とても有用な民間の伝統食なのです。
 
にんにく卵黄商品力ランキング
1位
にんにく玉本舗
にんにく玉ゴールド
2位
3位
4位 やずや
雪待にんにく卵黄
5位 やわた
熟成にんにく卵黄
6位 サンプロジェクト
伝承にんにく卵黄
7位 サントリー
黒酢にんにく
8位 DHC
ニンニク+卵黄 30日分
にんにく卵黄企業満足度力ランキング
1位
2位
3位
サンプロジェクト
伝承にんにく卵黄
4位 健康家族
伝統にんにく卵黄
5位 やわた
熟成にんにく卵黄
6位 にんにく玉本舗
にんにく玉ゴールド
7位 サントリー
黒酢にんにく
8位 DHC
ニンニク+卵黄 30日分
にんにく卵黄サプリの上手な選び方
にんにく卵黄サプリは現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「におい」の3つに分かれます。
【1】価格
価格は商品1個の価格を基本見がちですが、サプリメントですので最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいくサプリメントを選ぶとよいですよ。
【2】続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、サプリメント1粒1粒の大きさや1日に何粒摂取すればよいかが大きなポイントになってきます。多すぎると飲みたくなくなる、かといって少なすぎるとちゃんと摂取できてるのか不安になってしまう。自分に合った粒の大きさなども見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
【3】におい
3つ目は、においです。カプセルタイプなら飲むときのニオイはほとんど気にならないようです。また飲んだ後のニオイについては個人差があり、商品によっても異なります。自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。
にんにく卵黄の豆知識 にんにくの特徴
にんにく特有のにおいの元となる「アリシン」などのイオウ成分は、自身の成分をそのまま生かしながら、なおかつほかのいろいろな栄養成分と容易に結合しやすい性質を持っています。にんにくはタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの重要な栄養素と結合し、それぞれの栄養素のはたらきをより高めてくれるのです。
卵黄の特徴
卵は完全食品と言われるとおり、タンパク質やカルシウム、鉄分など、ビタミンCを除くほぼ全ての栄養素が含まれています。卵黄だけを利用するのは、貴重な成分を低温でじっくりと焙煎できるという理由からなのです。

contact
infohikaku@excite.co.jp
PROFILE
トップページにんにく卵黄とは?なぜにんにくと卵黄?にんにくの効果にんにくのはなしたまごのはなしにんにく卵黄で美容対策
サイトマップ